お知らせ

お知らせ
「モノ」「コト」新戦略の記者発表を実施!

2017年2月27日


会場の様子 


2月27日マイドームおおさか(大阪市)にて記者発表を行いました。
以下発表の内容です。

発表内容

 山本化学工業は、「モノ」から「コト」を売る時代の到来を受けて、弊社が製造する「高機能素材」「高機能製品」の全ての見直しを実施致しました。
 具体的な「コト新戦略」として、「体を加熱せず中から温める」「体のバランスを整える」「体の姿勢を改善する」「体の筋肉強化」「体の筋肉の老化を防ぐクールダウン支援」「歩行補助と安全歩行支援」「リハビリ支援」など、若年層からご高齢者までの「QOL」に必要な多彩なニーズに対応を致します。


 この見直しで「素材や製品」の「ハード的機能」のみでなく今後は「ソフト的機能」をクローズアップし「モノのご購入のお客様に複数のモノの活用方法をご提案するコトでの活用方法実施体験(体感)で より高い付加価値を実感頂ける体制を確立」致しました。


 これまで製造メーカーは「より良いハードである素材や製品を製造するだけ」でありましたが、これからの時代は製造メーカーは「より良いハードであるモノに付加価値を上げるソフトを加えお客様に提供」する時代であると考えます。
 このお客様に喜んで頂ける製造業の「新しい顔」を確立することで、それに携わる社員の「ES」(社員満足度)が高まり、ハード面のみならずお客様に喜ばれるソフト面にも意識強化をして「より良いモノの開発が出来る体制」を目指せればとの大きな期待感を持って取り組んでおります。


以下の通り3つの基本コンセプトで構成されます。



<1.モノコト素材>
 モノ素材の機能性にプラスして素材の機能性を活用したコトの体験(体感)方法をご提案致します。


<2.モノコト製品>
 モノ製品の基本機能にプラスして製品の機能性を活用したコトの体験(体感)と気づきの方法をご提案致します。


<3.モノコト体験と気づき市民講座開催>
 「モノコト素材」「モノコト製品」の「コトの活用方法の体験(体感)と気づき」が出来る講座を全国で開催します。平成29年4月から本格スタートを致します。



 日本のモノの製造業が「ハードとソフトを同時に提供」するコトで世界で再び認められ、世界市場拡大のモデルケース「世界に通ずる日本の製造業の新しいカタチ」となりたいと思っております。