科学 製品フィールド

再先端の科学分野

これまでのラバーといえば、工業製品というイメージが強い素材でした。
しかし私たちのラバーは、そこに様々な科学技術や独自の発想を集約することで、
工業分野のみならず、他の分野で応用され開発実験が行われています。

航空機産業や宇宙船産業で スペースシャトル  
私たちのラバーは、早くから宇宙ロケットの
機体断熱材として使用されてきました。
また最近は、大型旅客機の離陸時に発生する
機体の歪みを吸収したり、防音の効果も発揮し、
機内の快適性にも一役かっています。
世界が認めるエマージェンシースーツ素材 エマージェンシースーツ  
危険な場所で人を保護する、サバイバルスーツ。
海難救助用の素材は、世界で最も厳格と
言われるドイツの規格DINやアメリカのULに
合格しています。(UL規格登録番MQ604)
医療機器製造業・製造販売業の許可取得 メディカルイメージ  
2010年9月28日、わたしたちは医療機器の製造業及び
製造販売業の許可を取得しました。
人々を助ける事業をより一層拡大して参ります。
[許可番号]
医療機器製造業:27BZ200185
医療機器製造販売業:27B2X00256
一般医療機器「メディカルバイオラバー誕生」 メディカルバイオラバー
2010年10月に一般医療機器である弾性ストッキング
「メディカルバイオラバー」が誕生しました。
下肢の下部から上部へ段階的な圧迫圧を加える
ことにより、 静脈環流を促進する
医療機器です。
医療機器届出番号:27B2X00256368900
速く泳げる第2弾
        ゼロポジション 更に詳しく
最高に速く泳げるバランスポイント
「ゼロポジション」を身体に記憶させる最新テクノロジー
を開発しました。 有名選手の多くも使用し
現在では日本水泳連盟が推奨する商品となりました。
放射線遮蔽ウェア等開発
        放射線遮蔽ウェア 更に詳しく
福島第一原発の事故を受けて急ピッチで開発し、
作業員の方々の被曝を軽減するために使用されています。
2012年5月14日より英国スコットランドで開催された
第13回 国際放射線防護学会(IRPA)にて発表。
放射線遮蔽ウェア等開発
        悠ちゃん義肢ジャケット制作 更に詳しく
サメに前肢を噛まれ失い、須磨海浜水族園に保護されていた
ウミガメの悠ちゃんを助けるプロジェクトに参加。
幾度の改良開発を重ねて、2014年4月5日
以前にように泳げるような義肢ジャケットが完成しました。